土地を活用する上で駐車場経営の場合のデメリット

土地を活用するために駐車場経営した場合には、デメリットが存在します。 駐車場経営をした場合のデメリットでは、税制上の優遇措置がほぼありません。 また、平面駐車場の場合はまだいいですが、立体式駐車場の場合には、建築物扱いになるケースもあり、住宅地での設置が許可されない場合もあります。 また、立体駐車場に関しては初期コストがある程度かかってしまう場合には、土地を転用しようとした時に駐車場を解体する費用が高額になってしまうこともあります。

Copyright ©All rights reserved.土地購入のポイント.